アプリ内の広告について、2015年のプロモーショントレンドを紹介します

アプリ市場の急速な成長と共に、アプリ内の広告に関心を持ってくる開発者が多くなってきた。2015年はどうやってアプリに広告を仕組んでプロモーションするかについて、マーケティング会社Yudiz SolutionsのChirag Leuvaさんがその経験に基いて2015のプロモーショントレンドをシェアしてくれた。

3266025

1、 ビデオコンテンツがより注目になる

Youtubeや他のビデオサイトでアプリ関連の動画がだんだんヒットになって、再生数も多くなる一方だ。その理由は、動画には一般の広告と違って、画面が見れるだけでなく、それに応じる音声も聞こえるから、インパクトがあり、印象が深いのだ。それで、広告の効果も一番いいと言われている。

2、 SNSの活用

ゲームをウイルスのように発散するためにはSNSを利用するのが一番いい手段だ。アプ内の広告とSNSソフトを繋げて、ユーザーにシェアしてもらうように仕組んで、ROIを高めることを実現する。ゲームアプリがヒットすると、関連の広告も数百万のPVが取れるはず。

3、 グローバル会社や地元の大手会社と連携する

グローバルの大手ゲーム会社なら、地元の強いゲーム会社と連携して、ゲームの提供を行うのが一般の手段で、一方、中小ゲーム会社なら、グローバルの大手ゲーム会社と連携し、認知度を高め、世界展開をするのが良策だ。

4、 広告の属性が変わっている

デバイスやアプリ等が変わり続けているように、広告の内容やポジションも変わっていて、課金することを促進する広告がよく見られるようになった。でも、もし広告を隠す選択肢を提供したら、ユーザーがもっと喜ぶだろう。

5、 アプリランキングにランクインする難易度が上がる

King、EA、Facebook等大手会社のアプリがアプリストアランキングの上位をキープしてるので、新しいゲームや認知度の低いゲームが上位にランクインする難易度が上がる一方だ。

6、 デバイスによってプロモーションをする

大型ディプレイのスマートフォンの市場のシェア率が段々タブレットを追い越してきた。それでこのユーザー層にビジュアル系の広告を提供するチャンスが増え、CPMも増加し続けるだろう。

7、 ユーザーに主導権を与える

ユーザーに強引に広告を押し付けるのが一番下手な策だ。逆に、ユーザーにもっと主導権を与えて、自由に選択させ、レビューを書かせるのがユーザーを満足させる良策だ。こうしたら、ユーザーが積極的にコミュニケーションしてくれるだろう。

8、 ユーザーのニーズに合わせて広告を作る

アプリを運営する人は広告を作るとき、ユーザー層の特性とニーズを十分考えるのが必要だ。もっと具体的で、もっと繊細にやるのがアプリ広告を成功させるポイントだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>