遊族網絡(Youzu)が100.67億円でドイツのゲーム開発会社Bigpointを買収する予定

3月22日の夜、中国の上場企業遊族網絡(YOUZU.COM)が、8000万ユーロ(約100.67億日本円)でドイツのゲーム開発会社Bigpointの株式100%を買収する予定だと発表しました。

遊族網絡(Youzu)が100.67億円でドイツのゲーム開発会社Bigpointを買収する予定

遊族網絡は、海外のゲーム企業を買収するのが初めてで、今回の買収を通じて、海外市場に進出し、ごローバルパブリッシャー事業を強化するという。

Bigpointは2002年にドイツで成立したゲーム開発/運営会社で、ブラウザ、PC、スマートフォン等のプラットフォームを含め、昨年12月まで、約60タイトルを開発/運営している業績がある。これらのゲームは、全世界200国以上リリースし、フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、テーキ等の地域でかなりの知名度をあります。その中に、13タイトルがBigpoint自社開発です。ブラウザゲーム「DarkOrbit」のユーザー数が8255万人で、「Seafight」のユーザー数が4255万人、「Drakensang Online」のユーザー数が3277万人で、ブラウザプラットフォームで、ヒットタイトルを何本も出していた。

それに、Bigpointは「Battlestar Galactica」等のIPタイトルも数本出した。2016年、「Game of Thrones」のIPを使ったブラウザゲームを開発するという。

一方、遊族網絡は中国の大手ゲーム会社で、グローバル化を推進しています。今まで、アジア、欧米、中東、南米等地域の150国以上タイトルを発行した業績があります。5年間、全世界で自社開発及び代理提供のブラウザゲームとモバイルゲーム30タイトルをリリースした。2015年、海外事業の売上高が7.71億元で、前年同期比137.8%増でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>