2015年度、TencentとNetease二社、モバイルゲームの総売上高が290.06億元

先日、Tencentが2015年度の業績と2015年Q4の業績を発表しました。

2015年度の業績において、売上高:1028.63億元(約158.41億ドル)、前年同期比30%増でした。

営業利益:406.27億元(約46.88億ドル)、前年同期比33%増でした。

2015年Q4、売上高:304.41億元(約46.88億ドル)、前年同期比45%増でした。

営業利益:108.88億元(約16.77億ドル)、前年同期比47%増でした。

今回、Tencent(腾讯)がモバイルゲーム事業の総売上を明らかに発表しなかったが、各四半期の決算によって計算してみました。

2015年度、TencentとNetease二社のモバイルゲーム事業の総売上高が290.06億元2015年度、TencentとNetease二社のモバイルゲーム事業の総売上高が290.06億元

2015年度、TencentとNetease(网易)は、モバイルゲームの業績において、総額売上が約44億ドルでした。2015年、中国のゲーム市場規模は1407億元(約216.8億ドル)で、モバイルゲーム市場が514.6億元(約79.3億ドル)でした。つまり、この二社だけで、中国のモバイルゲーム市場の56%をシェアしたということになります。

Tencentが2015年Q4、大型MMOゲームのユーザーのARPUが40~63ドルでした、カジュアルゲームのユーザーのARPUが13~47.8ドルでした。モバイルゲームの平均ARPUが28.5~30ドルでした。

一方、Neteaseが増収増益したのは、モバイルゲーム《梦幻西游》、《大话西游》、《乱斗西游》、《炉石传说:魔兽英雄传》、《暗黑破坏神III:夺魂之镰》及びPCオンラインゲーム《天谕》が好調だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>