2億ドルの香港モバイルゲーム市場はどんな市場か?

編集/罗伊.

海外進出ときたら、多分多くの人が韓国や中国の台湾、香港、マカウ等の地域を狙うだろう、文化が似ているから、展開しやすいとことなっている。先日香港で開催された「iCareゲーム開発大会」で、MicrosoftのAndy氏、AppAnnieのEzra氏、ジャイロゲームの李學震氏がモバイルの開発及び市場について講演を行った。それで今回は香港のモバイルゲーム市場を紹介する。

2億ドルの香港モバイルゲーム市場はどんな市場か?

 

ジャイロゲームのVPの李學震氏

市場規模:2億ドル

香港の人数は約726.4万人、人口密度は世界3位である。香港の人は、モバイルゲームに対し、だんだんポジティブ的な態度になってきたが、子供にゲーム業界に入ってほしくない親もかなりいる。でも、本当にゲームが好きで、入ってくる人もいる、更に政府や大学からの支持が多くなってきたから、開発者が増えている。香港モバイルゲーム市場の規模が約2億ドルで、関連会社が約50家あり、従業者が1000人くらいという。

そのうち、より大きな会社はMad Head(社員約200人)とAnimoca Brands(社員約150人)二社ある。Mad Headはモバイルゲーム「Tower of Saviors」を開発して、このゲームがアメリカや東南アジア、中国の台湾等の地域でヒットしていた。でも、香港の人はこの会社を認めない、ほかの会社の作品をコピーしたと言われるから。一方、Animoca Brandsはオーストラリア市場をメインにして展開している。その2社以外、ほかの会社は5~10人しかいない小さな会社だ。

香港では、会社の規模に問わず、モバイルゲームの開発能力に大した差がない、運営に差がで出るという。昔から、香港のモバイルゲーム会社が代理提供が主な業務だったので、開発経験が足りないという結果に至った。

香港のモバイルデータ通信が比較的に発達して、一月通信量は5GB~20GBで、ゲームやビデオに使うのが普通だ。

1タイトルの開発費100万元ぐらい

香港で、投資をもらわなかったゲームをインディーゲームと言われる。もちろん投資があったほうがやりやすいし、でかい下ゲームも開発できるが、リスクも大きくなるので、なかなか投資してくれない。だから多くの開発者は自費でやっている。でも気持ちだけでは全然足りない、マネタイズしなければならない。でも、香港の開発者は収益にそんなに求めないというか、1.5万元ぐらいで満足できる、それで生活ができるからだ。

1タイトルを開発には、少なくとも約100万が必要だ、後プロモーションにも50~100万がかかる。例えば、6人のチームで、企画1人、デザイナー1人、開発者3人、運営1人としても、毎月の人工費が9万元かかる、家賃を加えたら10万になる。開発には6ヶ月、テスティングに2ヶ月、そしてリリースして2ヶ月運営した後、初めて売上が生じる(アプリストアが初月決済しないから)。

香港のモバイルゲームジャンルについて、主に三種類がある。

1、カジュアル。開発安いし、女性ユーザー向けのジャンルが人気だ。

2、PCゲームからモバイルに転換したゲーム。課金が殆どこのジャンルから出る。

3、海外のゲーム。香港のユーザーが国に問わず、ゲームが面白いなら、欧米、日本、韓国等度の国のゲームも遊ぶ。

90%のユーザーがApp StoreとGoogle Playを通じてアプリをダウンロードする。ほかに一番大きなサードパーティアプリストアがSAMSUNGだという。

———————————————–

ジャイロゲーム(游戏陀螺)は、ゲーム業界で起業したい方々にサポートを提供することを理念として、価値のある記事を発表し、中国と日本のゲーム業界を繋げるように力を尽くします。

ゲームの代理提供、投融資、プロモーション、ゲームプレイ動画を簡単に録画、 SNS上に共有できる機能をSDKとして無料で提供する等様々な業務を提供しています。

ジャイロゲームをもっと知りたい方は、弊社の紹介PDFをダウンロードしてください。

ダウンロードリンク:https://drive.google.com/file/d/0ByWLLxEIuN99Njh6d3lsOWZOTlE/view?usp=sharing

不明な点がある場合、或いは中国市場をもっと知りたいなら、お気軽に連絡してください。

中国語サイト:www.youxituoluo.com

Email:sunny@youxituoluo.com(日本語対応可) 

担当者:Sunny

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>