インタビュー:「Silent Hill: Shattered Memories」開発会社のJosh Tarrant氏が語るVRゲームの未来

作者:Echo, Boq

イギリスのゲーム会社Climax StudiosのJosh Tarrant氏が、先日、ジャイロゲームのインタビューを受け、同社が今30%のスタッフがVRゲームを開発していると語っていました。

インタビュー:「Silent Hill: Shattered Memories」開発会社のJosh Tarrant氏が語るVRゲームの未来
Josh Tarrant

Climax Studioは1987年に成立され、「Silent Hill: Shattered Memories」や「Assassins Creed Chronicles」等の名作を含め、今まで60タイトル以上を開発した。

2014年に、Samsung Gear VRから開発用ツールを貰ったことをきっかけに、VRゲームに大変興味を持ち、VRゲームの開発を始めた。しかもSamsung Gear VR向けに、2タイトルを開発してきた。今スタッフの30%がVRゲームの開発に取り組んでいる。

Climax Studioが開発したVRゲームは「Bandit Six」と「Bandit Six Salvo」、第2次世界大戦の世界を舞台にしたシューティングゲームだ。この舞台にしたのは、戦争に興味を持っている他、ゲームに相応しいと思っているからだとJosh Tarrantが語った。

VRゲームに、まだ色々な問題が残っている、最も多いな問題は、長時間プレイした後には、目眩や、吐き気、酔い等が起こりうる。Climax Studioもこの問題をよく知り、できるだけ解消するように、VRゲームを開発してきた。実際、2タイトルも良い体験ができるという。

インタビュー:「Silent Hill: Shattered Memories」開発会社のJosh Tarrant氏が語るVRゲームの未来
《Bandit Six Salvo》

どうしてVRゲームに参入すると決めたかというと、Josh氏がこう言った。

「会社が成立してからもう30年近く経ち、そのうち業界を一新させる技術革新が幾度あって、今のVRもそのようなものだと考えたら、すごくワクワクしてた。Climax Studiosは元々、新技術を求め、常に業界の先端に立つ会社であり、WiiからソニーのEyePet/ Wonderbook、そしてマイクロソフトのKinectまで、すべてを体験してきた。だから、今回VRゲームに参入するのも自然の流れと言って良いでしょう。」

VRが必ず普及する、大きなプラットフォームになる、身を持って体験してみないと、どれほどすごい技術が分からない。Google cardboards、3D glasses、Ling VR、Merge VR等、VR製品の量産につれて、将来、誰でも持てるようになるとJosh氏が言った。

今VR業界に参入する会社が増える一方で、毎日新しいタイトルが出てくる。それに、OculusがE3大会で、Insomniac 、High voltage、Square Enix、Harmonix等の会社との連携を発表したことも、VRがまさに流行っている証になるではないか。

Josh氏が、最近新しいOculus Touch demoを体験し、ゲームの中の世界の人とコニュニケーションができて、とても奇妙な感じだったと言った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>