何故2000万人がPCでスマホゲームをやるのか?!

作者:ジャイロゲームズboq

最近ゲーム業界では面白いことが起こっている、「PCでスマホゲームをやる」プラットフォームがだんだん人の視線に入り、しかも流行ることになってきている。何故こういうプラットフォームが産まれてくるのか?何故人がPCでスマホゲームをやるのか?この疑問を抱えて、筆者はデータに基づいて分析してみた。

統計により:中国国内のユーザーは2000万人と10プラットフォーム

まず国内外の幾つかのプラットフォームとその市場の規模を見てみよう。

国外:Bluestacks(Androidとios対応)、ipadian(ipadなどのiosデバイス対応)

Bluestacksはアンドロイド時代にできたシミュレーションソフトで、2011年10月にリリースされ、利用者数はやく5000万人だという。

一方、Ipadianは数少ないios対応のソフトだ。

中国国内:安趣(アンチュ)(北京)、靠谱助手(頼もしいアシスタント)(福州)、海马玩(ハイマワン)などのソフトがあり、利用者数がそれぞれで、Androidのみ対応だ。

ユーザー規模:

幾つかのプラットフォームからのデータにより計算して、中国国内ではPCでスマホゲームをしているユーザーが約500~2500万人がいる(継続的に使うユーザーが少なくて、ほとんどはたまに使うだけ、しかもPCとスマホ同時に利用する場合が多い)。

何故2000万人がPCでスマホゲームをやるのか?!
百度インデックスにより、毎日Androidシミュレーションソフト使う人の指数が約1万

(百度インデックはグーグルで一定数が検索されているワードについて、その検索数の推移や、検索回数の多い都市などを表示するサービスだ。)

JAVA時代:PCでスマホゲームをやる源

早くもJAVA時代で、すでに画素化のモバイルゲームが出来ていた。これと同時期に、PCでモバイルゲームをやるシミュレーションソフトも頭角を現し始めた。なぜこういうソフトが出てくるだろう?

その原因は下記2つと思われる:

1、 モバイルより、PCのほうがスムーズで楽しい

JAVA時代では、モバイルのゲームはほとんどPCを通じてダウンロードしなければならない、それにモバイルの性能には制限があり、それに比べて、PCのほうが画面の大きさが調整でき、スムーズにプレイできる。

2、 PCのほうが普及されていた

その時代では、PCの利用者数がモバイルの利用者数をはるかに超えていた。たとえゲームが楽しそうでやりたいって言っても、モバイルを買うのが買い得の選択ではなかった。代わりにその時流行っていたPCのほうがベストチョイスになるわけだ。

スマホ時代:ニーズの変化で「PCでスマホゲームをやる」現象がもっと広く

スマホ時代に入り、上記2つの原因がなくなったのに、なんで更に多くの人がPCでスマホゲームをやることに夢中したんでしょう?ユーザーに対してアンケートし、その結果から答えが出てきた。

1、 PCでチートツールが使える。

2、 PCでは回線がもっと安定で、操作が便利だ。それにゲームの情報ももっと全面的だ(ゲームの攻略を検査するとか、チャットソフトで友達と交流しながらゲームを楽しめることができる)。

3、 パッケージなどを心配することがない。

4、 長時間ゲームをやると、スマホの電池が切れてしまうことがあるから。

5、 ハイクォリティーのゲームをやりたいけど、スマホの性能がそれほど良くない。

6、 幾つかのIDを登録したいが、スマホが一つしか持ってない。

7、 スマホのメモリが足りない等。

何故2000万人がPCでスマホゲームをやるのか?!

PCでスマホゲームをやることは、この業界でどんなメリットがある?

1、 利用者数を元に、ブランドのプロモーションとルートの開拓ができる

ほとんどのプラットフォームには何百万か何千万のユーザーがあって、ブランドのピロモーションとルートの開拓に役立つのだ。

2、新機能として、ユーザーのニーズに対応する

これを新機能としてソフトに搭載して、ユーザーがゲームをダウンロードする前に、PCでプレイしてみることができるんだ。

3、 競争を緩和することができる

資金や能力不足でアプリマーケットを運営できない小さな会社にとって、PCを通じてスマホゲームをダウンロードするというプラットフォームを提供することのほうが、この激しい競争の中で生き抜く方法ではないか。

対応や操作の問題

1、 対応

たとえとすると、シミュレーションソフトはまるでアンドロイドシステムのように、すべてのアンドロイドゲームが対応できないのだ。

2、 操作

もう一つの問題は、タッチパネルやジャイロスコープの操作を元に開発されたゲームは、PCでは相応しい操作方法がない。たとえキーボードの操作方法に変えても、短時間では慣れないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>