テンセント、2015年第1四半期、スマホゲーム事業の売上高が82%増の846億円に拡大

昨日、テンセントが2015年第1四半期(2,015年1月1日~3月31日)の決算を発表した。売上高が4305.85億円(223.99億元、去年同期比22%増)、営業利益が1355.83億円(70.53億元、同36%増)、増収増益を達成した。

テンセント、2015年第1四半期、スマホゲーム事業の売上高が82%増の846億円に拡大

ゲーム事業

事業別で見ると、PCオンラインゲームの売上高が2559.21億円(133.13億元、同28%増);スマホゲームの売上高が845.82億円(44億元で、同期比82%増)、ゲーム事業が売上高の8割以上を貢献した。

PCオンラインゲームでは、「LOL」と「FIFA Online 3」が好調だから、売上高も増加している。

スマホゲームでは、新ジャンルのゲームの提供及びPC/スマホゲーム続編のIPを取得したことが、事業の成長を牽引した。今まで「我叫MT」、「无尽之剑:命运」、「保卫萝卜3」、「火影忍者」、「地下城与勇士」スマホ版等のゲームのIPを取得した。

QQとWechat(微信)

QQのMAU(Month Active User)が8.32億で、去年同期比2%減少した。モバイルデバイスでQQのMAUが6.03億で、去年同期比23%増加した、スマートフォンやタブレットを使う人が多くなってきている。QQで同時にオンランしているユーザー数が2.28億人で、去年同期比14%の増になっている。

WechatのMAUが5.49億で、去年同期比39%の増になっている。

QQゾーン(QQ空间)のMAUが6.68億人で(同4%増)、モバイルデバイスでのMAUが5.68億(同22%増)になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>