何故海外のスマホゲームが中国でうまく行けないのか?中国スマホゲーム市場分析

近年来、中国スマホゲーム業界が急速な発展を果たしてきた、そして、SEGAKONAMIGumiZyngaEA等など多くのゲーム会社が中国で業務を展開し、でも誰でもうまく行けなかったらしい。元々欧米や日本で大人気なゲームだとしても、中国でどうしてもプレヤーの好みに合わないようだ。今回は、海外のゲーム会社が何故中国でうまく行けない原因を分析し、中国に進出したい方々の参考になればと思うのです。

データにより、2014年中国のゲームユーザーが5.17億人で、13年より4.6%増加した。ゲーム市場の売上高が、13年より37.7%増の1144.8億元に達した。この膨大なユーザー数が海外ゲーム会社を引き寄せる主な原因となる。

でも、中国に進出したゲーム会社が大体2年間も経たないうちに撤退してしまう。中国で「德州扑克」、「珍宝岛」等のタイトルを提供したソーシャルゲーム開発会社Zyngaが、2014年通期の決算では、2.26億ドルの赤字だったので、中国の分社を解散した。

アメリカのゲーム会社だけでなく、日本のSEGA、GREEも同じ状況だった。

その理由は?

どうして中国でうまく行けないかときたら、会社の体制と管理が主要な原因だった。中国のゲーム会社のやり方は、多くのチームを組み、多くのタイトルを同時に進行するのが普通だ。そのうちの1タイトルでもうまく行けたら会社が収益をもらえる。一方、海外のゲーム会社が体制が厳しくて、プロジェクトを立ち上げるだけでも半年ぐらいかかってしまう、上司や本部に確認してもらい、許可をもらわなければならないからだ。多分中国の10人のチームが3ヶ月でできるDEMOが、海外のゲーム会社に3倍以上の時間がかかる。

文化の差によるローカライズが足りない

各国、各地域の文化かそれぞれで、海外のゲームが中国で提供するには、翻訳だけでなく、ユーザーの好みに合わせるためのローカライズが必要だ。でもどうやってローカライズをすれば成功できるか?

中国のゲーム市場が他の国よりもっと特別だ。ユーザーから言えば、多くの人は昔PCオンラインゲームやブラウザゲームをやって来たので、ゲームの中で他のユーザーとのコミュニケーションを一番重視している、つまり人と交流するためにゲームをやるのだ。しかし、日本やアメリカのユーザーはゲームそのものを楽しむためにゲームをやっている、だけら、開発者もゲームの楽しさだけを重視している。

ゲームのタイプから見ても、中国と海外のユーザーの好みが違うのだ。特に日本のゲームと大違いがある。「ONE PIECE」や「ドラゴンボール」等よく知られているタイトル以外、他の知らないゲームを、中国のユーザーがやろうともしない。

日本のユーザーが家庭用ゲーム機や据え置き型ゲーム機に慣れてたので、スマホゲームも家庭用ゲームに似たようなゲームが好みだ。それに対し、中国のユーザーが家庭用ゲーム機ではなく、PCオンラインゲームのWorld of Warcraft等に慣れてたので、好みも当然違うんだ。

———————————————————————————————————————

ジャイロゲームは日中ゲームの架け橋をかけることに目指し、ゲーム業界で起業したい方々及び中国に進出したい方々にサポート致します。

主な業務:メディア、GAME SHOW、WeRec SDK、人材募集等

中国の公式サイトは:www.youxituoluo.com

マーケティング、スマホゲームを中国でのプロモーションしたい方、是非ご協力させていただきたいです。

連絡方法:

Skype:gyrogame

Email:fengjun@youxituoluo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>