フィットネストラッカーが支配するウェアラブル市場の未来

01-Quarterly-Downloads-of-Top-5-Wearable-Apps-Q4-2013-to-Q4-2014
Quarterly Downloads of Top 5 Wearable Apps Q4 2013 to Q4 2014ウェアラブルアプリのダウンロード数は、前年の同四半期と比較して2倍以上

iOSとGoogle Playにおけるウェアラブルアプリのトップ5を前年同四半期と比較すると、ダウンロード数は2倍以上に伸びています。App Annieがレポート「コネクテッドデバイスのトップアプリ」で示したとおり、ヘルスケア/フィットネスは人気の高いカテゴリーとなっています。この5四半期連続で、ダウンロード数トップ5アプリのうち4つが、FitbitとJawboneが提供するフィットネスアプリでした。こうした傾向は、2014年のウェアラブルデバイス出荷台数の3分の2近くがフィットネス用のデバイスだったというレポートとも一致しています。

フィットネスアプリの中でも、Fitbitは、iOSとGoogle Playの両方で人気を維持し、2014年を通じてヘルスケア/フィットネスアプリのランキングで首位を獲得しました。こうした傾向は特にアメリカで顕著で、ウェアラブルアプリダウンロードの大多数は、アメリカのユーザーからのものでした。

02-Fitbit-Rank-History
Fitbit Rank HistoryFitbitは2014年を通じて、ヘルスケア/フィットネスアプリの首位をキープ

フィットネスアプリが早期からウェアラブル市場でトップアプリとなった要因は、バッテリー技術でした。腕時計型のウェアラブルデバイスは、装着するタイプのコンピューティングデバイスと比べてバッテリー消費をかなり抑えられます。市場が成長する上で、このような要素は非常に重要です。これに加えて、洗練されたデザインは、製品技術と同じくらい大きな役割を担います。

今週Appleから発表されたApple Watchは、こだわり抜かれた素材や多彩なバンドを提供することから、まさしくデザイン性に注力していると見られます。また、Android WearのOEMもスマートウォッチのデザインに改良を重ねており、今後AppleとGoogleの両社が市場における重要なプレーヤーになる可能性があります。

03-Smartwatch-Styles-Image
Smartwatch Styles Image洗練されたデザインと多彩なバンドがスマートウォッチ普及の鍵に (出典: Flickr)

とはいえこの市場は、今もなお初期段階であることは、指摘しておくべきポイントでしょう。結果として、多くの研究家やアナリストが前年に比べてスマートウォッチの出荷台数は成長すると考えていますが (Canalysによると2014年の出荷台数は460万台)、多種多様な見解が存在しています。 例えば、2015年のApple Watchに関する出荷台数の推計値は、少ないものでは800万台、多いものでは4,000万台と、大きな幅があります。こうした理由の一つは、大衆市場において消費者がこうしたデバイスをどの程度使うか、今なお不明確だからです。 今後の動向は、アプリデベロッパー各社が新しい利用方法を発見して、消費者の利用を促進できるかどうかにかかっています。

スマートウォッチ向けアプリの大半は、これまでのところ、数少ないカテゴリーに分類されています。例えば、数種類の画面を選べる時計アプリなど、デバイスのフォームファクターと関係するアプリです。また、既存のアプリやウェブサービスを補完して、様々なデバイスやプラットフォームにまたがる体験を生み出そうとするアプリもあります(例えばEvernoteやOneNoteのような生産性アプリです)。これらの例のほかにも、デベロッパーがウェアラブルのフォームファクターを活用して、現在のスマートフォンが単独では実現できないメリットを提供するチャンスがあります。こうした動きは、ウェアラブル経済全体を前進させ、市場の成長を加速させるでしょう。

注:

本レポートで参照されたダウンロード数の推計値は、『App Annie Intelligence (インテリジェンス)』からご覧いただけます。日次のランキング推移やフィーチャーアプリに関するデー タは、App Annie の無料アプリ市場データベース 『Store Stats』 (ストア・スタッツ)からご覧いただけます。

ダウンロードの推計値指標により、異なるダウンロード数のアプリを容易に比較できます。例えば、2014年第2四半期のダウンロード指標が100で、2014年第3四半期のダウンロード指標が200であった場合、2014年第3四半期のダウンロードは、2014年第2四半期のダウンロードに対して200/100=2倍多いことになります。一方、2014年第3四半期のダウンロード指標が80の場合、2014年第3四半期のダウンロードは、2014年第2四半期のダウンロードに対して80/100=80%となります。収益推計値の指標についても同様です。

本レポートで使用されている特定の商標や画像は第三者に属する場合があり、所有権は各所有者に帰属します。App Annie はそのような登録商標や画像に対する権利を主張しません。

『App Annie Intelligence』 は現在、iOS App Store とGoogle Playに対応していますが、Amazon Appstoreなどの他のアプリストアについては推計値を提供していません。iOSとGoogle Playは、多くの国のアプリ市場でほとんどのシェアを占めていますが、一部の国では異なる場合があります。例えば、中国ではサードパーティーのAndroidアプリストアが大きな割合を占めています。

本レポートの推計値は、App Annie独自の技術『DNA (App Annieが定義するアプリとパブリッシャーの関係)』によるデータ統合処理に基づいて作成されています。異なった名前を持つ同じアプリや、異なるプラットフォーム上で名称が異なる同アプリは、統合アプリとしてまとめられています。 例えば、Argos for iPadとiOS上の Argos 、Google Play上のArgos は、 単一のArgosとして集計され、ランクキングが決まります。

 

App Annieで原文を読む:http://jp.blog.appannie.com/outlook-on-fitness-trackers-and-wearables/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>