上海銀河数娯が18.7億円のA輪資金調達を達成 3Dアクション、MMOヘビースマホゲームに取り組む

上海銀河数娯が18.7億円のA輪資金調達を達成 3Dアクション、MMOヘビースマホゲームに取り組む

近日、上海銀河数娯の創業者の昊蘇が、18.7億円のA輪資金調達を達成したと発表した。投資したのは東方富海、松禾資本、上海文化産業基金で、紫輝創投が天使輪の投資機構となります。

上海銀河数娯が18.7億円のA輪資金調達を達成 3Dアクション、MMOヘビースマホゲームに取り組む
昊蘇がWechatで資金調達の情報を発表

上海銀河数娯テクノロジー会社はスマートフォンゲームの開発会社として、3DとMMOヘビータイプのゲームに取り組んでいます。今は恒象網络、果酱網络等子会社が数社あり、スマートフォンゲーム、テレビゲーム、VRゲーム、小説著作、音楽制作、3Dグラフィック等様々な領域にも事業展開していて、総社員約300人、その中に開発者が200人いて、しかも盛大、完美、テンセント、巨人等の大手会社から転職してきた経験豊かな開発者が多い。

2014年、銀河数娯が開発した3Dスマートフォンゲーム「無間獄」がUnity大会で「ベスト3Dビジョン賞」を入賞した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>