App Annie Index 2014年総括 – アプリ市場動向レポート

昨年1年間の世界のアプリ市場動向をお伝えする『App Annie Index 2014年総括 – アプリ市場動向レポート』をお届けします。本レポートでは、25ページに渡って2014年1年間の世界のアプリ市場の重要トレンド、国別トップアプリやパブリッシャーのランキング等に関する情報を提供しています。当社の2014年アプリ市場総括レポートをご覧頂き、2015年の貴社アプリビジネスに是非ともお役立て下さい。

App Annie Index 2014年総括 - アプリ市場動向レポート

具体的には、Flappy Birdに代表されるスーパーカジュアルゲームの台頭や、UberやAirbnb等のアプリを通じた「シェアリング・エコノミー」(共有型経済)の急速な拡大のほか、LINEやWhatsApp Messenger等のメッセージング・プラットフォームが新しい機能を取り入れたことなどが挙げられます。モバイルアプリとアプリストアがさらなる飛躍を遂げた2014年を総括したレポートを是非ダウンロードしご覧ください。

本レポートに含まれる内容を下記の通り一部ご紹介いたします:

2014年にはアプリ超大国の収益が急増、BRIC諸国は2015年も成長が続く

アプリストアの超大国である日本、韓国、米国では、収益の総額が、非常に大きくなっています。一方、アプリDL数がKPIとして重要な場合には、BRIC諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)でのダウンロード数が目覚ましい勢いで増加しているので、注目すべき点です。

動画ストリーミングアプリが爆発的な人気

動画ストリーミングアプリが2014年急成長した要因と、2015年の展望についてご覧いただけます。

“スーパーカジュアルゲーム”が脚光を浴びる

2014年は、シングルタップで操作できるスーパーカジュアルゲームが脚光を浴びました。このカテゴリーがApp Annie Indexやアプリパブリッシャーに与えた影響についてご覧いただけます。

アプリ、パブリッシャー、国、カテゴリーの2014年トップランキング

App Annieは10ヶ国・地域(ワールドワイド、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、日本、ロシア、韓国、イギリス、米国)における年間ダウンロード数と収益別ランキングをまとめました。2014年の主要地域におけるトップアプリやパブリッシャーを知り得る重要な情報です。

本レポートを通じて2014年のアプリ市場動向を確認し、パブリッシャー、デベロッパー、投資家などの皆さまのアプリビジネスにおける今後の意思決定にお役立てください。

今日の世界アプリ市場について深い洞察を得られる本レポートを是非ダウンロード下さい:

ここをクリックしてダウンロードしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>