中国で最も大きなインターネット企業Tencentから退職した人のうち、16.6%の人は会社を作ることにした

中国で最も大きなインターネット企業Tencentから退職した人のうち、16.6%の人は会社を作ることにした

中国の大手会社Tecentが日本の人気スマートフォンゲーム「モンスターストライク」を中国で独占提供になったことで、多分この会社の存在は日本人でもよく知られていると思うが、今日はTecentの会社人事についてこの文章を書いてしまった。

毎年社員の10%の人がTencentから離れる、そのうち会社を辞める人とやめられる人が五分五分で、統計してみたら、なんと1.2万人もいた、だけど今のTecentの在職している社員は2万人ぐらい、後5-10年経つと、退職したがこの人数を超えるだろう。

それで、私達が関心を持っているのは、こんな大手会社から出た人たちはどんな道を選んだか?また他の似たような会社に転職か、或いは会社を作って創業するか?この疑問を抱えて、Tencentの元社員であった方々にインタビューして頂いた。

下記グラフはインタビューの内容に基づいて整理したものだ。

中国で最も大きなインターネット企業Tencentから退職した人のうち、16.6%の人は会社を作ることにした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>